趣味の懸賞を楽しみつつ、ネットでお得情報を利用しています。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年10月18日 (木) | 編集 |
掃除機のホースに穴が開きました。

メーカーは東芝で確か3年前くらいに購入したものです。
ホースに穴が開くのはよくあることなんでしょうか?
一年前に一度穴が開いて、ホースを交換してから今回二度目なんですけど…。

前回、掃除機をホースで引っ張ったのかなあ、私の使い方が悪かったのかもと
反省してメーカーからホースを取り寄せたものの
スイッチなどのコントローラーもホース部分に含まれるため1本7000円。高!
それからはホースを引っ張らないよう慎重に使っていたので
これは完全に掃除機のせいです。

東芝の安物を買ったからだよといわれれば返す言葉もないですが
その前のシャープの掃除機(せいぜい2万内)は10年くらい使って、
ホースが破れることは一度もなくある日突然動かなくなりました。
人間に例えると、大往生です。80歳位?
ただあまりに突然だったので、下調べもなく新しいのを購入しに行って
電気店の店員のお勧めを購入したのがこの結果です。
店員のお勧めって、在庫が多い(売れ残ってる)とか店の利益率が多いとか
店側からのお勧めでしかないので、某大手電機店のお勧めは
絶対買わないほうがいいと思います。

そこで新しい掃除機を検討。
紙パック式。ここはゆずれない。
割と新しい時期にサイクロン式の掃除機を購入して、変なものを吸い込み
ゴミパックをカビと謎の汚れでいっぱいにして
掃除機の掃除ができずに捨てた妹と私は血がつながっているので…。
(買った時の自慢と、その結果を姉は見ていた)

メーカーはパナソニック。
この理由は実家で使用してみて、面白かったから。
ゴミセンサーが光ってお知らせしてくれるのが、汚れ探し兼ゴミ退治として
ゲーム感覚で掃除ができたのです。
しかもゴミライトはかなりしつこくて日頃の三倍は丁寧に掃除をかけたことになった。
ゴミとの陣取り合戦。そう思ったの私だけ?
掃除したところはちゃんと綺麗と判断してくれて感動。
あと、細いノズル交換が掃除機ヘッドを足で踏むだけでできます。
うちのは本体からノズルをとりだし~の、頭を外して取り付け~の、全部手作業だったのですごく便利!
実家の掃除機にはなかったのですが、最近のはLEDライトもついてゴミがよくみえるらしい。
なんかここまで書いて、メーカーの違いではなく価格によるスペックの違いだけのような気がしてきましたが。

まあ一応候補は絞れてきました。


 Panasonic MC-PA22G 価格は¥26,230~¥41,800ぐらいですね。


  MC-PA220GX ワンランク上 価格は¥36,932~¥62,799



よーし!!


と出かけて買ってきたのはビニールテープ、ホームセンター756円也。
(100円ショップのテープはどれもダメですよね。何度も失敗しました)
来月車検なのに、どこにも掃除機予算なんてないよ

もーぐるぐるに巻いて、あと三か所くらい穴があいたら
またこの覚書記事を元に検討します。
そのころには上記の価格はもうちょっと下がっているはずだ!
というか、買えるころには型落ちになっているかもしれん。

他にもおすすめありましたら、誰か教えてください。
ホースの耐久性の違いも。やっぱり価格差ですか?それともメーカーの違いですか?
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。