趣味の懸賞を楽しみつつ、ネットでお得情報を利用しています。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013年08月30日 (金) | 編集 |
夏の間、パソコンも開けずに何をやってたかな~と考えると

お盆の間から何冊か本を借りてきて読んでいました。
その中の1冊です。



東日本大震災で、親を津波によって失った子供たちは
17000人をこえる数になるそうです。
その震災遺児をテーマにした番組のため取材した
ドキュメントをまとめたのがこの本です。

家族すべてと母方の祖母を津波で失い
一人父方の祖父母のもとに身を寄せた7歳の少女。
引き取った祖父母も70歳と高齢で、あと10年、いや
大学を出るまで、お嫁に行くまで生きていたいと話す言葉に
涙が止まりませんでした。

一人残された子供の気持ち、
大切な娘を残して亡くなったお父さんお母さん。
あの日に失われてしまったものは
当たり前の日常で、誰もが大切な家族だったのだと
ただただ実感します。


しかし、この本の事実に対して
直接役に立つわけでもなく、できることもない自分が
どんな感想を書いても、偽善者な感じは否めませんね…。

この本で震災後のその一片を知ることができました。



NHKスペシャル ひとりじゃない―ドキュメント震災遺児

新品価格
¥1,365から
(2013/8/30 00:28時点)



関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。