趣味の懸賞を楽しみつつ、ネットでお得情報を利用しています。
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2015年02月07日 (土) | 編集 |
3か月ごとの歯科定期検診に行っている娘。

永久歯が下4本。上は2本生えています。
下は真ん中の前歯2本がまっすぐに、その次の歯はスペースに入りきらなくて
引っ込んで生えているな~とは気づいていたのですが
まあまだこれから広がって並ぶだろうと思っていました。

歯の矯正は永久歯が生えてからするもんだとの思いもあり。

検査時に先生が子供の顎を見ながら、
「成長で広がるのを見越してもあごが小さくて、歯が並ぶ隙間が足りないね~」と。

今の時期なら「床矯正」をやってみましょうとのこと。

床矯正は6~7歳からはじめて、9~10歳で終わるあごを広げる矯正で
犬歯が生え変わるまでに歯の並ぶスペースを作る治療です。
年齢が早いほど、必要な装置の数が少なくて済む(治療金額も安い)という利点が。

歯並びが悪ければ、矯正は必要だともともと思っていたので
7歳にして矯正デビューすることにしました。

自分も犬歯は八重歯だし、噛み合わせが悪くて
顎関節症であごがカタカタなるので歯並びの大切さは身に染みています。
大人になって矯正治療をしようとしたのですが、年単位の矯正の後、
あごの骨を切り取る入院手術、手術後の矯正も必要と言われて断念した経緯があり。

早いうちからの対処が大切なんだな~と実感していました。

ただ矯正装置を子供がうまく使えるのか?とか
保険のきかない矯正はいくらかかるんだろう?など最初は不安がいっぱい。

矯正を始めると決めてから、親だけがじっくり話を聞けるカウンセリングの時間があって
しっかり説明を受けることができました。
自分も結構通って信頼している歯医者さんなので、納得しておまかせします。

綺麗な歯は大事。がんばろう(´∀`*)ノ


関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。