趣味の懸賞を楽しみつつ、ネットでお得情報を利用しています。
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013年01月14日 (月) | 編集 |
久しぶりに積もった雪を見ました。
外に出てΣ(`Д´ )マヂデスカ!?
関東って降っても積もらんのかと思ってました。
今日出かけようと車で出たのはいいけれど、ノーマルタイヤの車が
はまっているのを見て、Uターンして帰ってきました。

うちはばっちり雪国ナンバー、スタッドレスも角スコップもあるけど
道をふさがれたら帰ってこられんもん…。
実家は雪国で、子供のころから雪かきをして道を作り、
一階の屋根から下まで雪の滑り台になったり(屋根雪が落ちて勝手にそうなる)
大人になって通勤は車で一時間が雪の日は片道毎日3時間、とか。

川沿いの堤防道路は滑った車がボタボタ落ちてました。
意外に4WDの車がよく田んぼに落ちるのです。
4輪駆動だと思って、調子に乗って飛ばすから滑った時のダメージがでかい。

子供のころはたんぼ道を歩いて学校に通っていましたが、
雪が積もって、うんと寒い朝はたんぼの上を歩いて最短距離で学校に行けます。
積もった雪が昼の間にちょっと溶けて、夜中に今度はうんと冷えると固い塊になって
高く積もった田んぼの雪の上を沈まずにずーっと歩いて行けるのです。

でも、うっかりゆるんだ雪に乗ってしまうと足が沈んでしまって深く入ると抜けません。
一生懸命引っ張って、足は抜けても長靴が雪の中に残って掘り出せず、
泣きながら片足裸足で帰ったこともありました。

雪に飛び込んだり、食べたり、ずぶぬれになって怒られたり。
大人になるにつれて雪はひたすら邪魔で大変なもの…としか思わなくなりましたが、
今年初めて降ってきた大きな牡丹雪は、ちょっとわくわくする子供の気持ちを思い出しました。
雪だるまを作る子供を見ていたからかな。
待ってる間超寒かったよ!

でも 「わ~!雪だよ!綺麗だね(´∀`*)ウフフ」
   「そうだねヽ(*´∀`)ノアハハ」

永遠にこのラブラブカップルの台詞はないわ~。

「うわ~、山ほど降ってきたよ(;´д`)トホホ…」
「帰るまでに、車完全に埋まるな、これ。」
「車以前に、駐車場まで行けるん?(;´Д`)」

これが雪の日の正しい会話です m9(・∀・)ビシッ!!

降った次の日に凍った道のほうがやばいので、みなさんお気を付けください。
基本はペンギンみたいに真上から踏みしめて、小さい歩幅でペタペタ歩くこと。
もちろんそれでも転ぶときは転びますが。


主

うちの実家の父が今年作った雪だるま。メールで送られてきました。
かなりでっかいと思われます。

…夜中にみたら結構怖いんじゃないかな?
警備の人だとおもえばいいか。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。